NEWS
NEWS

【DeSCヘルスケア】第1回 DeSC RWE Webinarのご案内

2021/04/15

DeSCヘルスケア株式会社は、2021年5月11日(火)14:00よりオンラインセミナー「DeSC RWE Webinar ~「kencom」の導入を通したPHR・医療ビックデータ利活用の展望~ 」を開催します。

PHR(Personal Health Record)は、医療・介護分野におけるデータ利活用等の推進にあたり注目され、関連省庁によるPHRをはじめとしたICTの利用推進の取組も活発化しています。
また、PHRは個人の健康・医療に関する情報を一元管理ができるのみならず、常に変化する個人の生活状況を動的に把握することが可能です。個人の生活状況を基に個別化した提案を行うことで、健康寿命延伸に向けた行動変容のサポートが期待されます。
本オンラインセミナーでは、医療情報とDeSCが健康保険組合等に提供するヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」より得られたPHRデータ(匿名加工情報)を用いた最新の研究事例をご紹介します。
保険者データとPHRデータを組み合わせた生活者データを用いた研究のご参考に是非ご参加ください。

参加登録はこちら

本オンラインセミナーは、自宅やオフィスから場所を問わずご参加いただけますので、どうぞお気軽にご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

テーマ:
「「kencom」の導入を通したPHR・医療ビックデータ利活用の展望」

開催日:
2021年5月11日(火)14時00分〜16時30分

形式:
Zoomでのオンライン開催

定員:
100名

参加費:
無料(事前登録制)

ゲスト:
五十嵐 中 先生
横浜市立大学医学群 健康社会医学ユニット 准教授
東京大学大学院薬学系研究科 客員准教授

濱谷 陸太 先生
Brigham and Women's Hospital予防医療科研究員
ハーバード公衆衛生大学院

備考:

  • 各演題ごとに講演後10分程度質疑応答の時間を設けさせて頂きます。
  • 事前参加登録が必要なため、下記からからアクセス頂きご登録をお願い致します。
    前日(5/10)までにお申し込みください。(定員100名)
    参加用Zoom URLのご連絡は4月28日(水)、5月7日(金)、5月10日(月)にその時点までにご登録頂いた皆様へご連絡させて頂きます。
    URL:https://questant.jp/q/desc-webinarform
    ※Zoomはアプリ/ブラウザのどちらでもご都合の宜しい方からご参加頂けます。
  • 参加無料
  • Zoom接続の際には、入室許可の関係でお申込み頂いた氏名をご入力頂ますようお願い申し上げます。
  • 講演中は主催者側の機能でマイクオフ、画像オフとさせて頂きます。
  • 本Webinarに対するお問い合わせ窓口
    DeSCヘルスケア株式会社 事業開発部 事務局
    Mail:bizp-pharma@desc-hc.co.jp(随時受付)
    TEL:03-4485-4040(平日9:00-17:00)

【「kencom」について】
これまで「kencom」の利用継続率は60%以上の水準(※1)を維持しています。また、登録後1ヶ月間利用した方のうち運動意識が向上・習慣が改善したという方が37%、食事意識が向上・習慣が改善したという方が29%という意識・習慣の改善(※2)にも寄与していることが分かっています。
「kencom」ではサービスの利用や継続の度合いを計測するだけでなく、最終的に罹患や医療費に対してどのような影響を及ぼしているかまでの分析を行っており、それを踏まえたサービスの改善に取り組んでいます。それらの検証については2019年度に複数の学会でも発表等を行い、「第28回日本健康教育学会学術大会」では、学会賞を受賞しました。
さらに2020年4月には、自治体の医療ビッグデータの標準化、データ分析、糖尿病性腎症の重症化予防管理事業に強みをもつ株式会社データホライゾンと業務提携契約を締結しました。両社の異なる強みを結集し、自治体の国民健康保険向けヘルスアップ事業における「kencom」の活用や、全国の自治体共通の課題である糖尿病性腎症などの疾病の重症化予防の教育事業、各種分析事業をはじめとする様々な事業を予定しています。

※1 アプリ利用者の累計登録者に占める、その翌月の利用者数比率の平均
※2 2019年4月〜9月登録者に対し登録約1ヶ月後にアンケート実施

<kencomの機能>
①健康診断結果の閲覧・歩数や体重などの記録
②健康診断の結果などに合わせて配信される記事の閲覧
③ポイント獲得
④キャラクター育成機能
⑤将来の疾患発症率のシミュレーション
⑥チームで参加できるアプリ内ウォーキングイベント