R&D
R&D

製薬企業の化合物データを活用したAI創薬に関する共同研究等

研究目的と概要

近年AI技術、特にDeep Learningを活用した画像解析技術や自然言語処理技術が目覚ましい成果を上げている。そうしたなかで化合物のデータについてもAI技術を活用することで従来の解析手法を上回る性能を発揮することが期待されており、多くの研究機関や製薬企業で研究開発の取り組みが開始されている。

しかしながらAI技術の活用という観点において、オープンデータを用いた非製薬企業(IT企業やアカデミア)の取り組みと、社内のインハウスデータを活用した製薬企業の取り組みは、どちらも成果となる創薬に繋がっていないと言える。 そこで製薬企業の協力のもと、我々の持つAI技術と彼らの持つインハウスデータ、そしてオープンデータを併せてAI創薬の実現可能性を検討することを目的とし共同研究を行う。

対象者

未定

共同研究機関

旭化成ファーマ株式会社、塩野義製薬株式会社、住商ファーマインターナショナル株式会社、東京工業大学