RYUICHI KUBO
RYUICHI KUBO

やりたいことは全部できる。だから、飽きっぽくてもいいんじゃない?

久保竜一/株式会社DeNAライフサイエンス R&Dグループ 研究員

大学院時代は植物育種の研究に携わり、修了後は民間企業にてゲノムデータ解析に従事する。主に次世代シークエンスデータやマイクロアレイのデータを解析。知人の紹介でDeNAライフサイエンスを知り、事業内容に興味を持つ。「DeNAが持つ最先端のIT技術を使って社外に向けてゲノムデータを共有するためにデータ解析ができたら面白そう」と考えて転職。現在は、主に『MYCODE』で集まったゲノムデータ解析に携わっている。

サイエンティフィックな世界で新しい役割を生み出せる仕事。

大学院で研究していた分野は、植物育種だったのですが『MYCODE』について知人やDeNAライフサイエンスの社員さんからお話を聞いているうちに、このサービスが持つ可能性に魅力を感じたんです。『MYCODE』では膨大な数のゲノムデータを集めることができます。しかも、健康な人のデータをこれだけ集めた実績はこれまで日本国内であまりありませんでした。それを活用できるというのはとても意義があるし、新しい価値提供にも繋がると思ったんです。

実際仕事を進めていく中で、その手応えやこの仕事ならではのやりがいを感じています。私たちはアカデミアとの共同研究で得られた研究成果を、新たなヘルスケア研究やその他の幅広い分野で役立てたいという気持ちで日々データ解析を行なっています。最終的にデータを幅広い人に利用してもらえるような形にまとめることで、社会に大きく貢献できると思っています。

この仕事は世の中に対しての影響力が大きく、新しい社会を創れる仕事。やりがいは充分だと思いますよ。個人的に、今後ゲノム情報などの普段触れる機会が少ない知識の啓蒙活動をより推進していきたいですね。そうすることで正しい知識を持って、正しい判断できる人が増えていけば、ゲノムデータの活用範囲も拡がるのではないでしょうか。

「やりたい」と手を挙げたもの勝ち。

DeNAの良いところは、垣根がないこと。年齢や役職、社歴関係なく言いたいことが言えます。私は思ったことをハッキリ言ってしまうタイプなんですが(笑)、それが許されるし、推奨されているのが有り難いですね。最近も、データ解析基盤に用いるPCのスペックやクラウド環境の必要性などについて意見を出し、実現に繋げました。周りの社員も積極的に意見を出すタイプが多いので、皆で意見を出し合いながら仕事を進めています。

DeNAは、やりたいことは何でもできる環境だと思います。私は『MYCODE』のデータ分析グループの他にも、ディープラーニングを得意とする「AIシステム部」と共同の研究グループにも属しています。事業部は違うのですが、もともと興味のあった案件だったので兼任させてもらっているんです。事業部間に垣根がなく、やりたいことはなんでもできる環境だからこそ、ですよね。

また、私は日本化学会情報化学部会の「ケモインフォマティクス若手の会」という研究会のコアメンバーで、会の活動としてケモインフォマティクスを始めたばかりの研究者などに向けてデータの扱い方や理論に関するハンズオン講座を催しているのですが、この活動も業務時間内に行なうことができています。この柔軟性は研究者としてとてもありがたい。今後は、より多くの社員が研究活動に専念できる環境を整えていけたら良いなと考えています。

何でもやりたい人が面白く働ける環境。

研究者は一つのことに集中するタイプの人が多いですが、私はゼネラリストタイプです。できるだけ幅広いことをやりたいと思っていますし、様々な分野のプロフェショナルたちを繋げられる存在になれたらな、と思います。そのためにも、できるだけたくさんのことにチャレンジしていきたいんです。DeNAは自分次第でなんでもできる環境がありますから、ゼネラリストのほうが楽しく働けるかもしれません。そもそも、自分が「面白い」と思わないとプロジェクトは上手くいかないですし、興味があることにどんどんチャレンジしていくべきだと思っています。

DeNAは固まったやり方がない分、自分の思うように仕事ができます。飽きっぽい人こそ、合っているのではないでしょうか。色んなことに興味がある人は、楽しく働ける会社だと思います。

株式会社DeNAライフサイエンス
R&Dグループ 研究員
石田幸子
DeSCヘルスケア株式会社
KenCoMアカウント部 営業
土田拓也
DeSCヘルスケア株式会社
企画
藤山翔梧
株式会社DeNAライフサイエンス
R&Dグループ 研究員
久保竜一
DeSCヘルスケア株式会社
開発部開発グループ エンジニア
近藤優輝